ネズミ駆除について詳しく学びましょう


教えて!ネズミ駆除の方法

家屋の問題を解決するネズミ駆除

家屋の問題を解決するネズミ駆除 大切な家屋でいつまでも暮らしていくためには定期的なメンテナンスが必要です。
経年劣化は必ず起こるので、その都度それに対応していく必要があるわけです。
また、家屋の問題はメンテナンスだけではありません。
すべての家で発生するわけではありませんが、シロアリやねずみなどの害獣が住み着いてしまうことがあるのです。
たとえば、今時ねずみなどいるのだろうかと思う人もいるかもしれませんが、驚くべきことに東京などの都心部で増加傾向にあると言われています。
これは1年中暖かく、エサも豊富に転がっており、ねずみにとって住みやすい環境にあるということを意味しています。
もしねずみが家の中にねずみが住み着いてしまったなら、すぐにネズミ駆除を考えなければなりません。
そのまま何もしないと、子どもを産んで手に負えない状況になってしまう可能性があるので、できる限り早く対処することが求められます。
ネズミ駆除は1匹だけであれば自分でもできますが、複数いる場合はプロの業者に依頼するのが確実です。

ネズミ駆除被害を最小限にするために行うべきこと

ネズミ駆除被害を最小限にするために行うべきこと ネズミは一年に10回近く繁殖期を迎える事もあり、天敵の少ない環境下ではネズミ算で数が増えていきます。
ネズミ駆除を業者に頼むと状況や対策費用により金額は大きく変わってきますが、個人宅では1万円以下から駆除する事ができます。
ですが、ネズミ駆除は一回で終わる事はすくなく、しばらくするとまた別のネズミが戻ってくるという事もよくあります。
完全に駆除しようと考えると定期的に点検をしてもらったり、侵入口を完全にふさぐ必要があるので数万円では済まないことがほとんどです。
あまり費用をかけずに自分で何とかしたいという方は、業者に相談する前にホームセンターなどのグッズをためしてみるのも良いでしょう。
ねずみ被害といってもネズミの種類が分からなければ効率的に駆除ができません。
天井裏から大きな足音が聞こえる場合はクマネズミの可能性が高く、壁の中などからチュチュッと鳴き声が聞こえる場合はハツカネズミ、湿気の多い所に気配がある場合はドブネズミの可能性が高くなります。
これらの出没場所を見つける事で罠にかかる確率が上がりますが、カゴ罠や粘着シートで捕まえたネズミは自分で処理をしなくてはなりません。
処分はできない場合には、超音波や忌避剤を使用した駆除を考えましょう。
出てしまった場合は仕方ありませんが、日ごろから室内外の生ごみを放置しない、ごみには蓋をしておくなど、少しの心がけでねずみ被害を最小限にする事ができます。


Copyright 2018 教えて!ネズミ駆除の方法 All Rights Reserved.