ネズミ駆除について詳しく学びましょう


教えて!ネズミ駆除の方法

築年数が長い住宅のネズミ駆除

築年数が長い住宅のネズミ駆除 築年数が長くなると、いつの間にかねずみが住み着いてしまうことがあるものです。
古い家は隙間が多いためにねずみが侵入しやすく、またエサになるような食べ物が落ちていたり、巣材となるものが落ちていたりするのが原因と考えられます。
そのためネズミ駆除を考える際にはまず侵入口を塞ぎ、家の中を綺麗に掃除してねずみが好まない環境を作っていくことが大切です。
それに合わせてネズミ駆除を行っていきますが、その方法としては、粘着シートや捕獲器を仕掛けて捕獲する方法や、毒入りのエサを撒いて駆除する方法、また忌避グッズを設置して家の中から追い出す方法などがあります。
手軽さから言うと粘着シートがおすすめですが、難しいのは通り道を特定することです。
通り道を特定した後は、隙間なく設置していきます。
ねずみは壁伝いに歩く習性があるので、壁伝いに粘着シートを複数枚設置していきます。
自分でうまくできない場合は、専門の駆除業者に依頼すると良いでしょう。

賃貸物件の部屋でのネズミ駆除はどうしますか?

賃貸物件の部屋でのネズミ駆除はどうしますか? 賃貸アパート等の部屋にネズミが出た時にはどうすれば良いのでしょうか? 建物全体に被害が及んでいて、入居者からのクレームも複数出ているような場合には、大家さんが負担し、ネズミ駆除を行ってくれる場合もあります。
しかしながら、一般に自分の部屋にネズミが出た場合には、借主の責任において駆除をする事が一般的なようです。
まず、ネズミ駆除を始める前に、部屋の中をきちんと整理整頓するようにします。
食べ物のカスやゴミが散乱しているような部屋にはネズミが住み着きやすいのです。
そしたら、出来るだけ部屋の中の隙間を埋めます。
ネズミの体には驚くほど柔軟性があり、ほんの小さな隙間からでも侵入し隠れてしまいます。
ここまでの準備ができたら、実際にネズミの駆除をします。
粘着シートや罠で捕まえる事もできますが、後の処理が大変ですし、燻蒸・燻煙式では周囲に迷惑が掛かってしまいます。
ですから、お勧めは毒餌剤です。
ネズミの種類や好み、地域性によって、効きやすい毒餌剤とそうでないものがありますので、一種類の毒餌剤が効かなくても、諦めずに何種類か試してみると効果的なようです。
不快なネズミを駆除して、きれいな空間での生活は、ちょっとした工夫で手に入るのです。


Copyright 2018 教えて!ネズミ駆除の方法 All Rights Reserved.