ネズミ駆除の初手は穴発見


教えて!ネズミ駆除の方法

ネズミ駆除の初手は穴発見

ネズミ駆除の初手は穴発見 ねずみが家の中に住み着いてしまうということは、どこかに隙間があってそこから入ってきたということです。2~3cmほどの小さな亀裂があれば、柔軟性があるねずみはその穴から簡単に入ってきてしまいます。そもそも亀裂をそのまま放置しておくと、雨水が入ってきて建物にダメージを与えるので早急に修理しなければなりません。また建物と基礎の隙間もある場合、そこも絶好の侵入口となります。この他にも、配管や電線と壁の貫通部の隙間や通気口なども要注意です。

つまり、どんな小さな穴や隙間でも、そこからねずみはやすやすと侵入してきてしまうということです。そのためネズミ駆除を行う際には、二度と入らせないためにその侵入口となりそうな箇所を塞ぐ必要があります。壁や基礎の隙間は専用の粘土で埋めたり、網をかけて侵入できないようにして侵入口を塞いでしまいます。この作業を怠ると、せっかくネズミ駆除に成功しても、しばらくしたら再び入ってきてしまう可能性があります。

ネズミ駆除にはカビ対策も効果があります。

ネズミ駆除にはカビ対策も効果があります。 ネズミ駆除に必要なのは、駆除するネズミの生態を知ることです。ネズミの習性を理解することで出没する場所や隠れている場所などを推測することが出来ます。的外れな場所に駆除剤を置いても効果がないのかそのためです。駆除を依頼する場合は、そのようにきちんとした知識を持った会社に依頼しないと時間と費用だけ掛かってしまい効果がないことも多くあります。ネズミ駆除にはカビ対策も効果的です。ネズミはじめじめした場所を好みます。

湿気の多い場所には、ネズミが好んで食べる昆虫類が多くいます。餌となる昆虫類が多い場所に集まるのは習性です。昆虫類が集まる場所も湿気が多い場所になります。湿気が多いと昆虫の餌となるものが多いからです。そのためじめじめした環境を無くすことで、ネズミの発生を防ぐことも出来ます。カビが生えやすい場所などは、換気を良くして殺虫剤などを撒いておくのも効果的です。駆除を依頼する場合は、そのように生態に精通した業者を探して依頼するようにしましょう。自分で対策する場合も、そのような知識を活かして対策する必要があります。


Copyright 2018 教えて!ネズミ駆除の方法 All Rights Reserved.